スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/8 都議会・福士議員の質疑

福士議員の質疑(回答は全て青少年治安対策本部長:倉田氏)
※リアルタイムものを聞いていた分のメモのため、全文ではない点・意訳も含まれる点等予めご了承下さい。
※発言内容で、明らかに「間違っている」という内容がありましたらご指摘下さい。


Q
「刑罰規定に触れると言う形で、規制対象は前回の「非実在少年」と比較し、「18歳以上」と跳ね上がっている。法と道徳を混同する言葉で、アニメ・漫画を明らかに規制している。」
「対象が大きいこのようなものは、再度市民からの意見集約をすべき。また、前回はパブリックコメント等も経た形だったのに、今回はパブリックコメントもなし、突然11/22に条文公開だった。何故パブリックコメントを集約しなかったのか」


A
「今回の改正案は、青少年協議会を含め(色々挙げてた)様々な話し合いの場を経たもの。よって、今回はパブリックコメントは不要と考えた」


Q
「これまで出版業界とどのように話し合ってきたのか」

A
「出版社とは意見のやりとりをしている。出版社側は「自主規制で十分」と言っていたが、アウトサイダー等も多く、自主規制では足りないと判断して今回の規制となった」

Q
「著しく~等の文言もあいまいであり、嗜好や倫理道徳の妨げ(?のようなことを言っていた気がする)になるものでは」


A
「条文からも明らかなように 第七条第二号 刑罰法規に触れる 婚姻を禁止されるもので、"著しき社会規範に反する"ものを規制対象とする。こうしたものを青少年に販売しないことで、青少年の健全な育成を図る」

Q
「私は子供が無菌状態で育てるのがいいとは思わない。自分で判断できる子供を育てるのが、親や社会の仕事。今回の改定案は「大人の逃げ」である。大人がいやだと思うのを見れば、大人が子供を伝えればいい。」
「被害者が発生する児童ポルノとは違い、想像を描いたものの対象にするのはおかしい。改定が加わることに迷走していってるのではないか。知事も小説を書いている。自分の小説も含め、何を見せていいのか等を行政に任せることを違和感は感じないのか。」


A
「子供の環境に全ての目が行き届くわけではなく、勝手に買えることもある。例えば、強姦等~の漫画が、簡単に手に届く場所にある。そういったものの大半は親が知らない。」


-----------------------------------
答弁の後、再び福士議員からの質問。
-----------------------------------

Q
「知事がコメントを避けている。また、同性愛を差別するような発言をしていたが、条例を何か勘違いしているんじゃないかetc」

A
※当然知事でなく倉田氏
「今回の条例の中で、同性か異性かということになんら変わりない」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まき

Author:まき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。