スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【都条例反対において今必要なこと】署名の現実性、陳情書や嘆願書【陳情書は間に合う!追記】

「情報が錯綜していて今なにをするのが最善なのか分からない」

そんな人が増えてきたんじゃないかと思います。
基本的にTwitterのRT機能が大活躍中なので、情報の取捨選択には困るところでしょう。
そこで、個人的に、よく出回ってるRTについて整理してみました。


「署名活動をしよう!」というRTについて
署名活動が全く無意味とは言いません。
しかし、現実的に考えて「都内の有権者20万人の有効署名」を集めることに、今奔走するのが現実的でしょうか?
分かりやすく解説をされてるBlogを見つけたので、リンク・引用させて頂きます。

都条例改廃請求の為20万の署名は現実的か

こちらをご覧になって分かるように、非常に 非現実的な数値 です。
上記Blogでも挙げているように、今回の反対活動でも全面に立ってくださっている山口弁護士が諸所で集められた署名ですら、
「20,653」筆
なのです。私も親に、意図と条文の一部を説明した上で署名に参加してもらいましたし、極力この署名については周知しました。参加した人も多いです。しかし、結果としてこの程度の数値です。
それを、今回「都民であり有権者」に限定して、果たして10倍もの数が集まるでしょうか?

また、署名しただけでは改廃に持ち込めるわけではありません。
しかも署名の代表者も決まっておらず、収集方法も決まっておりません。
RTするだけでは、個人情報もお金も発生しませんから誰でも簡単に安易にしてしまいますが、
実際こういう活動には本当にお金がかかります。時間も労力も必要なのです。
それも含めて、現実的に考えて「署名活動をしよう」と言っている人は全体の何割程度いるか疑問です。

そしてまだ、都議員さんの間での議論は続いています。
先に挙げさせて頂いた「12/9 都議会 総務委員会レポート」からもお分かり頂ける様に、今現在も必死で反対派の都議員さんが奔走されている最中です。

「これだけの自体になれば民主も賛成し辛くなる」
それもそうかもしれませんが、今現実的にこれだけの署名を数日間で集められる見通しが立っているでしょうか。
少なくとも、現時点で署名の代表者や具体的手段がついた状態のRTを見かけたことがありません。
万が一否決されたら、署名活動に必死になるのも有効な手段の一つです。
しかしちょっと待ってください。
今沢山この署名活動推奨がTwitter上で拡散されていますが、これでは逆に、署名活動をすれば問題ないと感じる人が増加してしまう原因になってしまいます。

「今何がやれるのか?何をすべきか?」

一旦足を止めてみて、じっくり考えてみる必要があると思います。



「嘆願書、陳情書について」
>もう無効だからやる意味がないのでは?
>18歳未満だからやれないよね?

取り合えず、「民意が届くか否か」については、上述したように現在も議会では議論が交わされているため、決して無駄なことではないと思われます。議員さんへお願い・応援するのも然り。
9日~13日の総務委員会での答弁諸々を経て、実際の採決に動くのです。
採決は本会議の15日。極力早めがいいのは事実ですが、採決前までは有効なはずです。

また、上記書類を送る権利は、未成年者、法人、外国人も主体となり、制限は一切ないようです。
※Wikipedia・請願権の注意事項参考

尚、「陳情書」については、都議会の方で期間制限が設けられています。
東京都議会:請願・陳情ガイド

上記ガイドを見ると、「陳情書」には期限が設定されている(現時点では間に合わない)ため、「嘆願書」の方が有効ではないかという意見も見かけます。
事実、「陳情書」という名のつくものは上記制約に引っかかるため、人によっては「今回の条例への意見だろう」として受け入れてくれる場合もあれば、名前からして次期送りにされる可能性もあります。
なので、「嘆願書」の形式を取るのが実際無難でしょう。

一般的な嘆願書についての説明については、以下が分かりやすかったです。
嘆願書の書式と書き方


陳情書、間に合うようです!
>議会の会期最終日の前日の正午までに受理したものは、当該議会において委員会に付託します。
 ※都議会ガイドより。

電話で窓口に問い合わせた方のTwitter
「都議会への陳情書は、12/14の12:00(正午)までに送れば受理をしてもらえるそうです(都庁に電話で問い合わせたので確実な情報です)。まだ充分間に合いますよー!簡単な文章でOKですよー!」
「都議会の陳情ガイドhttp://bit.ly/bnTndW わかりやすい陳情書の書き方(〆切12/1とありますが、ギリギリ12/14正午まで大丈夫です)http://amba.to/gn8g39」
「陳情書は未成年でも都民以外でも大丈夫です♪受理されると、都からきちんとお知らせも来ます。都議会に直接意思を届けられますし、公式な記録にもなるのでとても良い方法かと思います。」

→とのこと。間に合うなら、確かに公式記録になる陳情書の方がいいです。
 議会へ未提出の方はまだ間に合います。 14日正午 までです。土日も挟みますし、じっくり考えましょう。

個人的には
「委員会は、原則として、請願の付託を受けた議会の次の議会(定例会)までにこれを審査します。」
とあったので、現時点で送っても次の議会回しになるのでは…と思ったんですが。
TEL問い合わせをした人がいるなら確実でしょう。分かりづらいなこれ。



尚、都議会ガイドを見ていると、
「はがき、メモ用紙などで提出されたもので、趣旨、理由などが明確に記載されていないもの」
は、
「委員会では審査せずに関係議員に写し(又はその要約したもの)を送付し、閲覧に供します。」

とのこと。その他も、「人権侵害、公序良俗反するもの」「個人の秘密暴露」「採択、不採択などの議決のあった請願又は陳情と同一趣旨のもの」etc、同じようにされるものもあるので注意。


また、以前も紹介した、書面の書き方について分かりやすく説明されてるサイトさんのリンクも。
東京都青少年健全育成条例改正案への陳情書の書き方まとめサイト



>議会に対して…
定型フォーマットの書面で送りましょう。

その他、議員さんへの声は、メールでも無駄ではありません
メールの声も重視される議員さんは多くいらっしゃいます。
一人一人の国民が注視している事態であると伝えることが重要でしょう。


注!
逆にメールに関して困惑されている議員さんもいらっしゃいます。
上記行動に移る際は以下もご参照の上、ご判断頂ければ幸いです。

議員さんへメールする際の注意 参照


-----
以下余談。

Twitter上で「#hijitsuzai」タグ内がRTだらけで情報が拾いづらいという方を多く見かけます。
そんな時は、検索バーに「#hijitsuzai -RT」と入力すると、少なくとも本文内に「RT」と書かれたものは除外することができます。(公式RTの場合は本文内にRTが記述されないため、これは無効です)

また、「一部の冷やかしユーザーの発言は弾いてタグを見たい」「●●と書かれた内容はうんざりだ」という人は、上記と同じことが可能です。

ちなみに私の場合は、
「#hijitsuzai -RT -知事」
と入力してみたらスッキリしました。
※何故「知事」というワードを弾いたかと言うと、知事の発言についてのツイートやRTが非常に多いためです。
知事の発言の情報が不要なわけではないのですが、少なくとも本条例についての情報を入手したい際には、私自身常に入手したいではない、というのが本音であるためです。
※たまに弾かない状態でもタグは見ていますが、やっぱりRTだらけで通常発言がみ辛く、本来ほしい情報が入手し辛いため、上記方法を取っています。

Twitterも使い方は人それぞれ。
同じように困っている方は試してみて下さい。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エロ漫画規制

敵は簡単に作れる。中立の人(無関心な人)を敵に回さないだけでいい。できれば味方になって欲しいけど。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:まき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。